通信講座を息子にやらせる

11月 25th, 2012

私の息子は現在幼稚園の年長です。スポーツをたくさん習っていて、幼稚園のあとは活発に動きまわり、とにかく体を動かすのが大好きな子供です。

ですから、息子の習い事はスポーツが中心なのですが、最近小学校に上がる前のお友達が、受験をする子供幼児教室に通い、その他の子供もくもんなど、小学校入学に向けて色々と勉強の準備を始めている情報が入ったので、私も少し考えてしまいました。

塾などさらさらいか好きは今のところ無いのですが、何か通信教育でも先取りして少し見てあげればいいかなと思い、私は息子に変わる宿の通信講座をとってあげることにしたのです。小学校の教材になるので家にとっては先取り学習にあたります。

簡単な足し算から始まりました。これは簡単だなと思っていましたが、親にとっては簡単であるやカタカナ、簡単な足し算引き算も、子どもにとっては大変難しいものに映っています。じっと頭の中で考えるけれどもどうしても理解できない部分もあります。まだ幼稚園生だから急いでやらせることはないかな、とも思いましたが、できるところまで一生懸命理解を深めていって、ようやく2カ月遅れ位のペースで進めていくことができたのです。

彼にとって大変がんばっていることなのですが、やはり、厳しい側面もあるので、もう少し優しく気楽に小学校の低学年は過ごせればいいかなと私は思うようになりました。

1度中断して、また小学校に入ってから始めればいいではないかと思うようになったのです。周りを見て自分も焦り一生懸命子供追いつかせようとするのはナンセンスだと分かったのです。そして私はこの通信講座に退会の意思とその理由を説明するために電話をしました。はじめに入会金の1枚を支払っているので、少しもったいないなぁと感じてしまったのですが、話を聞くと、いちど退会をされてもまた再びやる気を起こして始められた時に、再度の入会金をもらう事はないということを教えてもらいました。この点については、大変商売気がなく良心的な塾だなと思い私はとてもうれしかったです。

小学校に入って、子供が勉強に興味を持出したら、また再び始めさせてあげるのがいいかなと思っています。

息子の周りでは入れると教育に熱心なおうちが多いので、あまり人に流されないで私は子供を見極めて習い事をさせてあげたいなとあらためて思いました。焦りは禁物です。

重い腰を上げてエステに通う

11月 18th, 2012

上の子供が幼稚園の年長で、下の娘が2歳になったばかりの今日この頃。専業主婦の私は今までやり残した事を少しずつですが実行していこうと心に決めていました。

日ごろの生活では、何かやりたいと思っても、子ども連れて行く煩わしさや、自分の体力の消耗のことを考えてしまうと、なかなか自分のために時間を使うということが日常生活でできなくなっていました。本当であればそっちを友達とランチにも行きたいし、習い事だって1つくらいやってみたいものです。ですが、下の子がまだ小さいうちは我慢だと、あと1年したら幼稚園に入るからそれまでの辛抱だと思って我慢の日々でした。しかし、そんなことをしていてやりたいことをやれないまま毎日を我慢して過ごすのはやはり良くないと思ったのです。若い時間は限られていますし、いつ何が起きるか分からないので、やりたい事は早めに実行するべきだと思ったのです。

そして重い腰を上げてとうとう私は脱毛のサロンに行きました。

私は10年ほど前まだOLだった時に脇のフラッシュ脱毛したことがあります。永久脱毛とはうたっていませんが、当時脱毛したその部分は今でもほとんど手入れがいらない位きれいな仕上がりになっていて大変満足したものです。

そして、当時はお金が高くて契約することができなかった足の脱毛にこのたび行ってみようと思ったのです。

色々と調べたのですが、私が昔チャレンジしようと思っていた10年前よりも、脱毛の価格は下がっているようです。とにかく善は急げと、思いついたその時に私はサロンに予約の電話を入れました。そしてカウンセリングに今朝行ってきたのです。

この手のサロンは勧誘などがしつこくて困ってしまうと思うのですが、勧誘は一切しないと誓約書に書いてありました。これで1つの心配事はクリアしました。施術に満足いかない場合は、返還訴訟もあるそうです。そして、フレキシブルに対応するため、複数回契約した後、途中でその部位が満足入った場合残りの時間を他の部位に当てることができるというのです。

私、結構良心的なそのエステサロンを使用することにして、早速今週から通うことに決めました。

だいたい満足いく出来になるまで3カ月おきに約1年間通ことになります。しかし、子供ができてもまだまだ足を出すことが多いので、これを機に思い切って足をきれいにしようと思ったのです。今から当日の施術を心待ちにしています。

お総菜屋さんを発見した

11月 15th, 2012

先日、午前中の商店街を散策しました。ちょうど用事があったので、気分を変えて隣町の商店街に行きました。よくテレビなどで取り上げられるような高円寺のアーケード街です。

いつも私は中野の駅前通をします。ですが、自宅から中野駅と高円寺駅は中間ぐらいの位置にあるために、本当であればどちらの駅も都合よく利用することができるのです。

中野には中野ブロードウェイという昔からの商店街があります。それと比べると少し規模が大きい高円寺のアーケード街。街の大きさはスケールでは高円寺の方が大きく、お店の数もたくさんあります。

そんな中何か食べ物でも買って帰ろうとその日の昼ごはんを探していたところ、すごく可愛らしい自然派志向の暖簾がかけられているお店を見つけました。見てみるとひらがなでおかず屋と書いてあります。

中野店の様子を見てみると、若くて綺麗な主婦のような人たちが列をなしてショーケースに並べられているお惣菜を注文している様子が見れました。なんだか無添加のおかずというような体に優しそうな印象持ったので、入ってみようと思いました。

中に入ると私たちのお母さん世代の人たちが三角巾をして何人も厨房で一生懸命にお料理を作っている様子が見れました。そして、お昼ご飯に発芽玄米ご飯とおかず4つの組み合わせで680円というとても格安なお弁当が売り出されていました。おかずはたくさんあるショーケースの中のおかず内好きなものを4つ選ぶことができます。私はどれにしようか迷ってしまいました。本当に沢山あって全部食べたいと思う位でした。

ご飯をつけると680円なのですが、おかずだけの購入もできます。すると580円です。この界隈で素朴なおかずが4種類で580円と言うのはとてもリーズナブルでうれしい価格です。

私は青魚が食べたかったので沢の南蛮漬けと、高野豆腐、そして韓国風着々と、野菜の揚げ浸しを注文しました。すべてお昼に食べ切れないほどの量が入っており、少しずつ残した量はあとで幼稚園から帰ってきた子供に食べさせてあげようと思いました。

中でもとても驚いたのが周りの人がこぞって注文していた高野豆腐です。かさかさしていてあまり美味しくないイメージを持っていたのですが、ここの高野豆腐がびっくりするほどおいしいです。これから何度も通ってリピーターになりそうです。

子持ち主婦向けのサロンをみつける

11月 12th, 2012

現在私は久しぶりにエステに通うと思い近隣のエステサロンを検索してみました。うちの近所には、いろいろなエステサロンがあります。どこも同じような感じなのですが、インターネットの口コミなので、なるべく評判の良いサロンを探そうと思っています。しかし、どうしても私にとって都合をつけなくてはならない現状があるのです。それは、まだ2歳になったばかりの子供が自宅にいるのです。

子供がもう幼稚園などに通っていれば、通園している間にエステサロンに行くことができるのですが、まだ小さい子供が家にいてなかなか外に出ることができない私にとって、この状況はとても辛いのです。本気を出せば、保育園の臨時預かりなど、有料のサービスを利用して食事をすることもできます。しかし、そうは言っても費用がかかる話です。なるべく費用がかからず主婦でも気軽に行けるエステサロンを探したいと思っていました。

そして、とうとう見つけたのです。我が家が住んでいる街から自転車で10分ほどの隣駅の商店街の中にあるエステサロンでした。ここは、 HP上でもママのお役に立ちたいサロンということで、色々とキャンペーンを打っている主婦の味方のエステサロンという売り出し方でした。

まず、専業主婦に優しい低価格です。安くても質が悪ければ困ったものなのですが、普通に施術を行ってくれるのであれば、この点については安いに越した事はありません。

また、子供を一緒に連れて行くにあたり、それを許可してもらえるサロンなのかどうか、というのが一番のポイントなのですが、そこのサロンは小さいですが子供のスペースを備えて下さっており、事実をしたりカウンセリングをしている間はもう1人のスタッフの方が必ず子供の面倒みてくれているそうです。

ですから子供を託児所などに預けることなく、一緒に連れて行ってエステを受けることができるのです。

私は、これだけでも充分だと思いました。子供を別の場所に預けていくよりも、精神的にも経済的にもずいぶんと楽になります。

実際にカウンセリングに出向いていって、環境などをみましたが、十分に配慮されている様子でしたので、ここのエステサロンに通うことを決めました。

人によってニーズは様々ですが、このように子供がいる専業主婦をターゲットにして開店したエステサロンはそれなりに強い支持をされるのではないだろうかと私は思いました。

人間にとっての睡眠について考える

11月 9th, 2012

先日のテレビ番組で、お笑い芸人がここでしかできない真剣討論でバトルという討論会に参加している番組を見ました。 2チームに分かれて討論するのですが、今回のテーマは、芸人にとって睡眠時間は確保するべきか?削っても大丈夫か?というタイトルでした。

芸能人は売れっ子になると、現在入院中のすぎちゃんのように、スケジュール帳がびっしり真っ黒になるほど入れられて、とてもじゃないけど睡眠をとる時間がないといわれます。眠らないと体を壊してしまうかもと思うかもしれませんが、売れっ子で一撃ピークが来るとそのようなスケジュールになるということは結構知られています。業界人は寝る間も惜しんで働いて、売れっ子芸能人もほとんど寝ないで仕事しているという人が結構多く存在しているのです。

睡眠が必要だと言う意見の芸人は、千原ジュニアと、オードリーの若林さん、オリエンタルラジオの中田さんでした。この人たちは、眠らないと精神に異常をきたし、凶暴性がまして、奇怪な行動を取ってしまうと説明していました。千原さんについては、睡眠不足が語ると、体に異常をきたしてしまうということでした。しっかりと睡眠を取らないと、頭の回転が鈍くなるので、フリートークなどする仕事の場合、おもしろいことがなかなか発信できないと自覚しているとのことです。

この意見はもっともな意見だと思いました。人間は誰しも睡眠がそれなりに必要なはずです。しかし、これに対抗して睡眠は削ったほうが逆に頭が切れていい緊張感が増し面白いことが言えるという意見を持ったのが、カンニング竹山さんと、オードリーの春日さんでした。

春日さんの話によると、睡眠をしっかりとってしまうと、逆に薬眠って仕事に対する緊張感がなくなってしまうのだそうです。睡眠を削って自分の精神も研ぎ澄まされた状態になった時こそ、いい緊張感が体の刺激になり、おもしろいことを連発できるといいます。

そして、業界人は、結構若手の間では眠らない人が多いらしく、それを武勇伝にして話のネタにしている人も結構多いそうです。眠っていないでがんばって仕事している自分がかっこいいと言う事を鼓舞するかのように自慢しているそうです。

結果的に視聴者の投票によると、そうは言ってもやはりきちんと睡眠を取った方が良いという結論に達しました。

普通の人がこのような言い合いをしてもあまり面白くないのですが、お笑い芸人の人が自分の仕事の観点から睡眠が必要なのかどうなのか、薬眠ることが有効なのか不幸なのかということについて議論する様子は、とても興味深くて面白かったです。

まねっこ二男に大爆笑

11月 6th, 2012

現在幼稚園に通う物長男は、大変活発で一時期、幼稚園から戻ってくると必ず1つは怪我をして帰ってきていました。幼稚園バスから降りる時、状況を説明してもらうために担任の先生にバスに乗り込んでもらうこともしばしばありました。本当にやんちゃで困ったものだと思っていました。しばらくして少し落ち着いた時期がありました。しかし昨日また久しぶりに怪我をして帰ってきたのです。

現在9月に入り運動会の練習の真っ最中です。年長さんで最後の運動会になるので、学年全体のリレーの練習を毎日しているそうです。うちの息子は大変足が速いので、俄然気合が入っています。練習の時から意気込みすぎて、走って転びそうになったのを踏ん張ってしまい、右足の後の部分を痛めてしまったそうなのです。

すぐに先生に湿布を貼ってもらい様子を見ていましたが、自宅に戻る頃には晴れもひいてほとんど乗っている状態でしたが、先生は申し訳ありませんと怪我の報告をしてくれました。

その日はそのままサッカーの練習にも行って、それほど大変な怪我ではないと思っていました。しかし、夜になると足が痛むようだったので、自宅に置いてある湿布を貼ってあげました。湿布を貼っただけではすぐに剥がれてしまうので、それを固定するネット等が必要です。私は急いで部屋の薬箱を開けて医療用のネット探しました。運良くネットが見つかり必要な部分だけハサミで切り取り息子のシップを一緒に包んであげました。

それを見ていて自分も自分もと騒ぎ出したのは2歳になったばかりの弟です。はじめは遊びに付き合っていられないと断っていたのですが、どうしてもお兄ちゃんの湿布がもの珍しくて自分も同じようにしてほしいとせがんでくるので、足が痛いの?どこの部分?と尋ねてみました。

すると急に気取ったような顔つきになり、ここが痛い…とお兄ちゃんと同じ足の部分を指差して痛いのポーズをしました。私はその意味を高く評価して大笑いしてしまいました。

そして弟も同じように湿布を貼ってネットをつけたりました。満足そうにどうもありがとうと言って弟はお兄ちゃんが座っているソファーの横にちょこんと座り一緒だねと声をかけて笑っていました。

人生ゲームのプレゼント

11月 3rd, 2012

先日、息子の6歳の誕生日におもちゃ屋さんで何かプレゼント買ってあげることになりました。久しぶりに家族で行ったおもちゃ屋さん。パパと何がいいのか話し合っていたのですが、息子の希望はまたしても戦隊もののオモチャでした。毎年新しいものが出続ける戦隊もののオモチャ。同じことの繰り返しで、買っても少し遊んですぐに飽きてしまうこのようなおもちゃはもう卒業だとパパは言いました。

私は、息子にどんなプレゼントしたらいいかおもちゃさんで一緒に考えました。野球盤のようなお友達と一緒に遊べるようなおもちゃがいいのか、レゴブロックのように黙々と1人で時間をつぶして遊べるようなものがいいのか、本当に頭を悩ませました。テレビゲームは、私たち親のほうも欲しいところなのですが、うちが買ってしまうと、子供が一緒にやめられなくなってしまってケジメのつかない家族になってしまうと危惧しているので、それはまだおあずけです。

そしてたどりついたのがボードゲームのコーナーでした。対象年齢を見てみると6歳からと書いてあるものが結構あったのです。私は初めにドラえもんの麻雀、ドンジャラを発見しました。なんだか私もやりたくなってしまいこれにしようかなと思ったのですが、息子にには難しいと思いましたし、教えるの結構大変だと思いました。これは小学校の中学年位からでいいかなと私は判断しました。

続いて夫が指をさしたのが人生ゲームです。これも昔からあるボードゲームの種類で、実際私はやったことがなかったのですが何となく面白そうな雰囲気がありました。息子にこの話をしてみたところ、意外にも興味を持ってくれました。帰ってからおうちでパパとママと一緒にできるんだよね?と目を輝かせて喜んでいます。親と一緒に遊べるおもちゃを息子は大変喜んだのです。

私たちはそういった形で今年のプレゼントを人生ゲームに決めたのです。

家に帰ってからさっそくゲームをしたのですが、子供も結構早くにメールを理解してくれました。自分が負けると機嫌が悪くなってしまうのを見て、短気な性格なのだなと思いました。しかし、こうしたボードゲームは、お友達との協調性を鍛えたり、ルールを覚えたり、お金を数えたりといろんなことが学べるなと感心しました。

お誕生日に買ってあげることができてよかったです。

現代の子供の体力にびっくり

11月 2nd, 2012

幼稚園児くらいの子供は、少なくても10時間は睡眠をとらなくてはならないと思います。幼稚園からのお手紙にも書いてありますし、大体子供たちの日常生活を見ていると、それくらいの睡眠時間は絶対に必要だと考えています。調子が良ければ12時間は寝る位が当たり前だと思うのです。しかし、我が家の子供たちを含めて、最近のお友達たちは、睡眠時間が極端に短いと私は思っています。毎朝8時前の幼稚園バスに乗り込むのに、前の日の晩は夜10時に寝たという人もいます。

朝6時に起きたとすると8時間しか睡眠をとっていません。子供が大人と同じくらいの睡眠時間で良いなんてとてもじゃないけど思いません。

私たちの子供の頃は、 8時くらいになるともう有無を言わさず強制的に眠らされました。私の場合は今でも覚えているのですが、 8時なるともう眠くてふらふらでした。それぐらいなのに、我が家の子供たちは9時になってもまだ全然眠いという感じがありません。

どうしてだろうかといつも悩んでいました。日中プールに通ったり幼稚園以外でもサッカーに行ったりと体を動かしている方だと思います。それなのに、夜はいつまでもダラダラと起きている。本当によくないことですし不思議な現象です。

我が家の子供は元々スタミナがあるのかもしれません。エネルギーを消耗しきれていないのかもしれません。疲れさせようと思って始めたスポーツですが、年齢が上がってくるとむしろ体力がついてしまい、ねむらせようと思ったのに逆に目がキラキラしていてまだ起きているといった状態になってしまったのでしょう。

さらに体を動かさなくてはならないのかとげんなりしました。しかし、家の中で静かにしていても疲れる方法はいくらでもあります。静かにしていても集中して何かをしたり神経を使ったりすることをすればいいのです。

トランプですとかボードゲームは最近息子ができるようになった中での遊びです。テレビゲームは絶対にやらせたくないので、私自身の時間がなくなってしまうのですが、一緒に付き合ってでもこのような頭のトレーニング的なことをやるのは本当に大切だと思います。

外で遊ばせたり体を動かすような習い事はもうやりきった位の感があります。これ以上外に出すのは大変なので、どうにか自宅で体力を消耗してくれるようにいろいろと考えていかなくてはなと思っています。

話はガラッと変わってビジネスの話。
最近勤めている会社で商標登録を任されました。
ただ、私はそういったことに詳しくなかったので外注さんに頼みました。

そこのサイトがコチラ
http://www.syohyo-jp.com/

とても、親切丁寧に手続きを行ってくれました。

私が撮影したマタニティフォト

8月 25th, 2012

アメーバニュースに「妊娠中の身体をキレイに残したい!話題の『マタニティフォト』って?」というコラムがありました。
マタニティフォトを撮る人は年々増えていますよね?
母親世代の妊婦が美しかったかどうかは不明ですが、最近の妊婦は素敵な人が多いです。
恐らく、そんなに太ってはいけないと制限されているからだろうと思います。

そうは言っても、元々ガリガリだった女性が妊娠してお腹がポッコリ出ても、それほど美しいとは思えません。
やはり、程々体型の人のお腹がポッコリしている感じが一番美しいと感じます。

男性にはこの美しさが分からないと思いますが、女性からすると美しさを感じざるを得ないのではないでしょうか?
元々女性に備わっている母性本能のようなものが、「なんだかいいな」と感じてしまうのかもしれません。

芸能人がマタニティフォトを発表するようになってから、一般人にもブームが巻き起こったようです。
現在では、マタニティフォトを撮るスタジオまで存在しているようですね!
コラムで取材されていた『Happy Birth Photo Studio』では、税込36,750円でA4サイズの木製パネル・写真データのDVDが頂けるそうです。
高いのか安いのかは個人の考えだと思いますが、美しく撮ってもらえるので安いかもしれませんね。

私は妊娠したことがないので撮っておりませんが、妹が2人目を妊娠した時に実家で撮影しました。
1人目の時は慌ただしくて撮れなかったので、我流で撮らせてもらいましたよ。

2人目は男の子なので、若干お腹が出っ張っている感じです。
これが女の子だともう少し丸みがあるんですよね!
1人目の時もしっかり撮影しておけば良かったと後悔しています。

人を撮るのは苦手な私ですが、家族の写真だけは撮りやすいから好きです。
気軽にポーズを注文できるからでしょうね!

オーガスタキャンプ2012

8月 24th, 2012

久々のオーキャンことオーガスタキャンプに参加してきました!

キャンプという名が付いていますが、キャンプをしてきたわけではありません。
音楽制作プロダクションであるオフィスオーガスタの事務所ライブです。

事務所ライブですが、夏フェスに分類されているはずです。
考えてみたら、私の夏フェス初参加はオーキャンが初だったと思います。
2002年の千葉マリンスタジアムに行きました。
妹がまさやんこと山崎まさよしのファンで、私がスガシカオのファンだったので、一緒に出掛けたのが切欠です。
デビュー前のスキマスイッチとか出演していましたが、全くノーマークでした(笑)。
こんなに売れる人たちだったとは…。

オーキャンは、2002年・2003年の千葉マリンスタジアムと2008年の西武ドームに参加しています。
昨年から横浜赤レンガパークで行われており、今年は久々に参加しました。
というのも、今年は1つも夏フェスのチケットを購入しなかったからです。
何か参加したい!
でも、遠くに行く余裕がない…。
ということで、オーキャンにしました。

赤レンガパークは私の大好きな場所でもあります。
海からの潮風がとっても心地良かったですね~。

今でこそ毎週のようにフェスが行われていますが、当時はあまりフェスはありませんでした。
フジロックやサマソニくらいでしょうか?
記憶に残っているものがあるとすれば。

フェスと言うと、若者が騒ぐものだと捉えられがちです。
まあ、5年くらい前まではそんな感じでした。
でも、今は単に騒ぐものからファミリーで参加するものに変化しつつあります。
フェスの楽しさを知っている世代が、結婚して子どもを持つ年齢になったからでしょうね。
そして、環境に配慮したフェスが主流となっています。

オーキャンも4年前に参加した時は普通のフェスでしたが、今年行ってみたらキッズスペースが設けられていました。
来年も赤レンガパークでやってくれたら嬉しいな~。
場内に入らなくても聴けるし、姪と甥を連れて近くで水遊びをさせておきたいという野望があります(笑)。

帰りにベイブリッジの上に不気味な月がありました。
望遠レンズ付きの一眼レフがなかったのが悔しかったです。

先日、関西に引っ越した友人が大阪でお見合いパーティーに参加してきたようです。
そろそろ、独身貴族を卒業したいみたいです。
素敵な伴侶が見つかればいいですね。