人生ゲームのプレゼント

先日、息子の6歳の誕生日におもちゃ屋さんで何かプレゼント買ってあげることになりました。久しぶりに家族で行ったおもちゃ屋さん。パパと何がいいのか話し合っていたのですが、息子の希望はまたしても戦隊もののオモチャでした。毎年新しいものが出続ける戦隊もののオモチャ。同じことの繰り返しで、買っても少し遊んですぐに飽きてしまうこのようなおもちゃはもう卒業だとパパは言いました。

私は、息子にどんなプレゼントしたらいいかおもちゃさんで一緒に考えました。野球盤のようなお友達と一緒に遊べるようなおもちゃがいいのか、レゴブロックのように黙々と1人で時間をつぶして遊べるようなものがいいのか、本当に頭を悩ませました。テレビゲームは、私たち親のほうも欲しいところなのですが、うちが買ってしまうと、子供が一緒にやめられなくなってしまってケジメのつかない家族になってしまうと危惧しているので、それはまだおあずけです。

そしてたどりついたのがボードゲームのコーナーでした。対象年齢を見てみると6歳からと書いてあるものが結構あったのです。私は初めにドラえもんの麻雀、ドンジャラを発見しました。なんだか私もやりたくなってしまいこれにしようかなと思ったのですが、息子にには難しいと思いましたし、教えるの結構大変だと思いました。これは小学校の中学年位からでいいかなと私は判断しました。

続いて夫が指をさしたのが人生ゲームです。これも昔からあるボードゲームの種類で、実際私はやったことがなかったのですが何となく面白そうな雰囲気がありました。息子にこの話をしてみたところ、意外にも興味を持ってくれました。帰ってからおうちでパパとママと一緒にできるんだよね?と目を輝かせて喜んでいます。親と一緒に遊べるおもちゃを息子は大変喜んだのです。

私たちはそういった形で今年のプレゼントを人生ゲームに決めたのです。

家に帰ってからさっそくゲームをしたのですが、子供も結構早くにメールを理解してくれました。自分が負けると機嫌が悪くなってしまうのを見て、短気な性格なのだなと思いました。しかし、こうしたボードゲームは、お友達との協調性を鍛えたり、ルールを覚えたり、お金を数えたりといろんなことが学べるなと感心しました。

お誕生日に買ってあげることができてよかったです。

Comments are closed.