通信講座を息子にやらせる

私の息子は現在幼稚園の年長です。スポーツをたくさん習っていて、幼稚園のあとは活発に動きまわり、とにかく体を動かすのが大好きな子供です。

ですから、息子の習い事はスポーツが中心なのですが、最近小学校に上がる前のお友達が、受験をする子供幼児教室に通い、その他の子供もくもんなど、小学校入学に向けて色々と勉強の準備を始めている情報が入ったので、私も少し考えてしまいました。

塾などさらさらいか好きは今のところ無いのですが、何か通信教育でも先取りして少し見てあげればいいかなと思い、私は息子に変わる宿の通信講座をとってあげることにしたのです。小学校の教材になるので家にとっては先取り学習にあたります。

簡単な足し算から始まりました。これは簡単だなと思っていましたが、親にとっては簡単であるやカタカナ、簡単な足し算引き算も、子どもにとっては大変難しいものに映っています。じっと頭の中で考えるけれどもどうしても理解できない部分もあります。まだ幼稚園生だから急いでやらせることはないかな、とも思いましたが、できるところまで一生懸命理解を深めていって、ようやく2カ月遅れ位のペースで進めていくことができたのです。

彼にとって大変がんばっていることなのですが、やはり、厳しい側面もあるので、もう少し優しく気楽に小学校の低学年は過ごせればいいかなと私は思うようになりました。

1度中断して、また小学校に入ってから始めればいいではないかと思うようになったのです。周りを見て自分も焦り一生懸命子供追いつかせようとするのはナンセンスだと分かったのです。そして私はこの通信講座に退会の意思とその理由を説明するために電話をしました。はじめに入会金の1枚を支払っているので、少しもったいないなぁと感じてしまったのですが、話を聞くと、いちど退会をされてもまた再びやる気を起こして始められた時に、再度の入会金をもらう事はないということを教えてもらいました。この点については、大変商売気がなく良心的な塾だなと思い私はとてもうれしかったです。

小学校に入って、子供が勉強に興味を持出したら、また再び始めさせてあげるのがいいかなと思っています。

息子の周りでは入れると教育に熱心なおうちが多いので、あまり人に流されないで私は子供を見極めて習い事をさせてあげたいなとあらためて思いました。焦りは禁物です。

Comments are closed.